2012年03月10日

13歳のハローワーク (第9話・最終回 3/9) 感想

1/13からテレ朝で始まったドラマ『13歳のハローワーク』公式)の最終回『タイムスリップの果て…最後の奇跡!!』の感想。なお、村上龍氏の原作は未読。

そうきたか!


★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3462//

★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-3105.html

posted by みっきー at 05:51| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

未来の俺も俺なのだ(松岡昌宏)
Excerpt: 私たちは1+1が2であることを知っている。多くの人が1+1=であれば2となると予測する。 そういう当然の帰結は予定調和の一種である。 しかし、認識される情報としてのそれは1+1=2として表象されるモナ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2012-03-10 16:10

13歳のハローワーク 第9話(最終話)
Excerpt: 最終話「タイムスリップの果て…最後の奇跡!!」2012年3月9日  タイムスリップ先の1990年で高野清文(横山裕)と真野翔子(桐谷美玲)に問い詰められた小暮鉄平(松岡昌宏)は遂に、13歳の自分=テ..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2012-03-10 16:28