2012年05月23日

37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜(第7話・5/22) 感想

4/10からフジテレビで始まったドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』公式)の第7話『医者としてでなく人として僕は…』の感想。なお、原作の川渕圭一氏の小説『研修医純情物語シリーズ』は未読。

ドラマとしては面白くなっていると思う…


★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3619/

★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-3271.html

posted by みっきー at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜 第7話
Excerpt: 第7話「医者としてでなく人として僕は…」2012年5月22日 祐太(草なぎ剛)のアパートを訪ねてきたすず(ミムラ)は、久しぶりにゆっくり話がしたいと部屋に泊まることに。瑞希(水川あさみ)は2人の様子..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2012-05-23 16:57