2012年09月18日

走馬灯株式会社 (第10話 最終回・9/17) 感想

TBS系ドラマ『走馬灯株式会社』公式)の最終回『黒瀬 由香 27歳』『(ラテ欄)夏夜のサイコスリラー』の感想。

まさかの、最終回が走馬灯のような総集編と言うオチ?



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3892/

★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-3546.html

posted by みっきー at 07:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

走馬灯株式会社 各話あらすじ
Excerpt: DISC1「関 隆弘 23歳」 2012年7月16日 O.A 関隆弘(窪田正孝)は、同じ会社に勤める恋人・結子(梶原ひかり)を連れて実家に戻り、母・広子(横山めぐみ)に紹介する。 その日の夜、幼なじ..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2012-09-18 16:42