2012年12月07日

毒<ポイズン> (第10話 ・12/6) 感想

日テレ系ドラマ『毒<ポイズン>』公式)の第10話『刑事が毒を暴くとき』『(ラテ欄)ついに最終章突入!完全犯罪を可能にする究極の毒の秘密暴く』の感想。

ここへ来て“全編ほぼ総集編”とは残念…



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/4082/

★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-3741.html

posted by みっきー at 08:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

赤川次郎原作 毒<ポイズン> 第10話
Excerpt: ストーリー#10「刑事が毒を暴くとき」 12月6日(木)よる 1:28〜2:08(予定) ラテ欄「ついに最終章突入!完全犯罪を可能にする究極の毒の秘密暴く」 直美(臼田あさ美)は目の前に現れた松井..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2012-12-07 16:38