2014年05月27日

極悪がんぼ (第7話・5/26) 感想

フジテレビ系『極悪がんぼ』公式
第7話『敵は銀行 友情と涙の救出劇!』の感想。
なお、原作漫画(田島隆/原作・東風孝広/作画)は未読。

ワルの手口を見慣れてきたからこその面白さ!



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5610/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-5099.html

posted by みっきー at 08:38| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

極悪がんぼ 第7話
Excerpt: Story7「敵は銀行 友情と涙の救出劇!」2014.5.26 OA 神崎薫(尾野真千子)、金子千秋(三浦友和)、夏目大作(竹内力)は、不渡り手形を出して逃亡中だった鼠商事社長の鼠を捕まえ、鼠に30..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2014-05-27 17:40

極悪がんぼ七話&ビター・ブラッド七話感想
Excerpt: ■極悪がんぼ七話人気のない事務所のソファに、小清水元(小林薫)がうたた寝していた。そこへ冬月(椎名桔平)が帰ってくると、小清水所長は起きて理由を聞く。金子の知り合いのヤマの不渡り手形の回収で、みんな出..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2014-05-28 02:41