2014年07月12日

家族狩り (第2話・7/11) 感想

TBSテレビ系『家族狩り』公式
第2話『殺しの香り、殺しの祈り』の感想。
なお、天童荒太氏の原作小説『家族狩り』は未読。

あれこれテクニックを駆使して期待感を煽るのは解る。



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5790/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-5224.html

posted by みっきー at 09:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

家族狩り 第2話
Excerpt: 第2話「殺しの香り、殺しの祈り」2014年7月11日(金) 都内で起きた麻生家の一家心中事件の現場に駆けつけた刑事の馬見原(遠藤憲一)は、息子による心中事件ではなく誰かが家族を狩っている、と確信。独..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2014-07-12 16:18