2014年08月21日

ST 赤と白の捜査ファイル (第6話・8/20) 感想

日本テレビ系『ST 赤と白の捜査ファイル』公式
第6話『女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに』の感想。
なお、今野敏氏の原作小説『ST 警視庁科学特捜班』は未読。

百合根の存在感が増したことで“らしさ”が増した!



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5951/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-5344.html

posted by みっきー at 09:37| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ST 赤と白の捜査ファイル 第6話
Excerpt: 第6話「女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに」2014.08.20 ON-AIR 8月7日正午。女性が監禁されている映像が警視庁に送りつけられた。犯人の要求は「4..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2014-08-21 23:30