2014年10月29日

すべてがFになる (第2話・10/28) 感想

フジテレビ系『すべてがFになる』公式
第2話『冷たい密室と博士たち[後編]』ラテ欄『暴かれる冷たい密室の謎と哀しき殺人者の記憶』の感想。
なお、原作:森博嗣『すべてがFになる (講談社文庫)』は未読。

第1話で離脱したが、謎解きのプロセスに期待して…



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6226/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-5534.html

posted by みっきー at 10:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

すべてがFになる 第2話
Excerpt: Story #02 冷たい密室と博士たち[後編]2014.10.28 ラテ欄「暴かれる冷たい密室の謎と哀しき殺人者の記憶」 何者かにより低温実験室に閉じ込められた萌絵(武井咲)は、犀川(綾野剛)に救..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2014-10-29 17:41