2014年11月25日

信長協奏曲 (第7話・11/24) 感想

フジテレビ系『信長協奏曲』公式
第7話『裏切りの銃弾!撃たれた痛みは心の痛み…』の感想。
なお、原作:石井あゆみ『信長協奏曲 (小学館)』とアニメは未読。

成長した“サブロー信長”が頼もしく見えた!



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/6349/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-5626.html

posted by みっきー at 07:18| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

信長協奏曲 第7話
Excerpt: 第7話「裏切りの銃弾!撃たれた痛みは心の痛み…」11.24 ONAIR サブロー(小栗旬)たちは、市(水原希子)から浅井長政(高橋一生)の裏切りを伝えられて退却を始める。木下藤吉郎(山田孝之)は、自..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2014-11-25 19:51