2015年11月05日

無痛〜診える眼〜 (第5話・11/4) 感想

フジテレビ系『無痛〜診える眼〜』公式
第5話『金髪の少女が抱える殺人の記憶』の感想。
なお、原作小説:久坂部羊氏の『無痛』は未読。

気持ちが良い程にブレない作風に完敗



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7732/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6656.html

posted by みっきー at 09:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

無痛〜診える眼〜 第5話
Excerpt: 2015.11.04 ON AIR STORY#05「金髪の少女が抱える殺人の記憶」 為頼英介(西島秀俊)の診療所に、頭痛を訴えてやって来たのは佐田要造(加藤虎ノ介)だった。佐田は自分が高島菜見子..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2015-11-05 20:42