2015年12月17日

無痛〜診える眼〜 (第10話 最終回・12/16) 感想

フジテレビ系『無痛〜診える眼〜』公式
第10話/最終回『痛みとは…』の感想。
なお、原作小説:久坂部羊氏の『無痛』は未読。

最終回で、28分まで殆ど物語が動かないのは困る



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7913/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6802.html

posted by みっきー at 11:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

無痛〜診える眼〜 第10話(最終話)
Excerpt: 2015.12.16 ON AIR STORY#10「痛みとは…」  診療所に戻った為頼英介(西島秀俊)は、早瀬順一郎(伊藤淳史)がイバラ(中村蒼)に拳銃で発砲したことを高島菜見子(石橋杏奈)、井上..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2015-12-17 16:59