2015年12月19日

コウノドリ (第10話 最終回・12/18) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ』公式
第10話/最終回『母と子を救う、チームが起こす奇跡』ラテ欄『チームが起こす奇跡!母と赤ちゃんを救え』の感想。
なお、原作漫画:鈴ノ木ユウ氏の『コウノドリ』は未読。

「命の物語」と「私達の仕事」が凝縮された人間ドラマ



★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/7920/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6808.html

posted by みっきー at 20:03| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

コウノドリ 第10話(最終話)
Excerpt: #10.「チームが起こす奇跡!母と赤ちゃんを救え」12.18 onair 幼少期、養護施設で鴻鳥サクラ(綾野剛)を育ててくれた景子ママ(小野田景子/綾戸智恵)から手紙がくる。そこには、サクラの亡き母..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2015-12-20 19:36