2016年02月15日

臨床心理学者 火村英生の推理 (第5話・2016/2/14) 感想

日本テレビ系・『臨床心理学者 火村英生の推理』公式
第5話『火村英生の推理 美人タレントはナゼ殺された?殺人鬼に罠を仕掛ける超心理戦』の感想。
なお、原作:有栖川 有栖、麻々原 絵里依「臨床犯罪学者・火村英生の推理」シリーズは未読。

薄味の上に所々が濃厚な、アンバランスな仕上がり



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8110/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-6973.html

posted by みっきー at 04:42| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

臨床犯罪学者 火村英生の推理 第5話
Excerpt: #05「火村英生の推理 美人タレントはナゼ殺された?殺人鬼に罠を仕掛ける超心理戦」2016/02/14 ある日、火村(斎藤工)は、朱美(山本美月)から相談を受ける。火村が准教授室に朱美を迎え入れて話..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2016-02-15 19:15