2016年02月22日

臨床心理学者 火村英生の推理 (第6話・2016/2/21) 感想

日本テレビ系・『臨床心理学者 火村英生の推理』公式
第6話『朱色の研究(前編)』ラテ欄『疑惑の女子大生からの挑戦状!?幽霊屋敷の超魔術トリックとは』の感想。
なお、原作:有栖川 有栖、麻々原 絵里依「臨床犯罪学者・火村英生の推理」シリーズは未読。

脚本と演出に、若干の軌道修正やテコ入れがあった?



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8141/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7000.html

posted by みっきー at 07:51| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

臨床犯罪学者 火村英生の推理 第6話
Excerpt: #06「疑惑の女子大生からの挑戦状!?幽霊屋敷の超魔術トリックとは」2016/02/21 朱美(山本美月)から、2年前に知人が殺されて未解決になっている事件を調べてほしいと頼まれた火村(斎藤工)。あ..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2016-02-22 17:15