2016年06月06日

ゆとりですがなにか (第8話・2016/6/5) 感想

日テレ系・新日曜ドラマ『ゆとりですがなにか』公式
第8話『正義のプロポーズ』の感想。

宮藤官九郎氏の脚本の構成力、スゴイと思う



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/8530/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7313.html

posted by みっきー at 08:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ゆとりですがなにか 第8話
Excerpt: #8「正義のプロポーズ」2016.6.5 正和(岡田将生)は、会社をやめ、兄の宗貴と一緒に酒屋を継ぎたいと宣言するが、兄は家を出て北海道で農業をやりたいと言い出す。勝手なことばかり言う息子たちに母は..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2016-06-06 17:22