2016年11月25日

黒い十人の女 (第9話・2016/11/24) 感想

読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』公式
第9話『さよなら風松吉』ラテ欄『さよなら10股不倫男女たちの狂気と殺意…』の感想。
なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。

クズしか出てこないのに、みんなどこか魅力的…



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9189/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-7787.html

posted by みっきー at 07:31| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

黒い十人の女 第9話
Excerpt: 第9話「さよなら風松吉」 ラテ欄「さよなら10股不倫男女たちの狂気と殺意…」 11月24日(木)よる11時59分〜放送※一部地域を除く 10股男・風松吉の妻・睦(若村麻由美)と愛人9人たちが企てた..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2016-11-25 20:32