2017年03月17日

嫌われる勇気 (第10話/最終回・2017/3/16) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『嫌われる勇気』公式
第10話/最終回『8係最後の事件!真犯人はそこにいる!!』の感想。
なお、原案:岸見一郎氏・古賀史健氏のノンフィクション『嫌われる勇気-自己啓発の源流「アドラー」の教え-』は既読。

恐らく蘭子の初期設定の失敗…



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9648/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8101.html

posted by みっきー at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

嫌われる勇気 第10話(最終話)
Excerpt: 2017.3.16 THU. ストーリー#10「8係最後の事件!真犯人はそこにいる!!」 病院を抜け出した青山(加藤シゲアキ)は、大文字(椎名桔平)の研究室に駆け込むと室内を物色し、古びたファイルを..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2017-03-17 17:44