2017年05月09日

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (第5話・2017/5/9) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式
第5話『危険な潜入捜査!本当の正義とは』の感想。
なお、原案(ドラマとは異なるオリジナル小説):周木律、金城一紀『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は未読。

スタイリッシュ路線から、重厚な警察ドラマ路線に決定か?



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/9870/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8258.html

posted by みっきー at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第5話
Excerpt: #5「危険な潜入捜査!本当の正義とは」2017.5.9 ON AIR 暴行罪を装って警察の留置場に潜入した稲見(小栗 旬)は、暴力団員の沢田(杉本哲太)に接近し、興味を引くことに成功する。実は、沢田..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2017-05-10 22:49