2017年06月14日

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (第10話/最終回 15分拡大・2017/6/13) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式
第10話/最終回 15分拡大『最後の決断!命を懸けた闘い』の感想。
なお、原案(ドラマとは異なるオリジナル小説):周木律、金城一紀『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は未読。

前編も見事だったが、後編は更に上をいく面白さだった



★記事の続き(詳細)は、下記の本家blogをご訪問くださいませ!
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/10024/
★Seesaaブログにトラックバックが飛ばない方は、FC2ブログで受け付けております。
http://dmesen.blog71.fc2.com/blog-entry-8362.html

posted by みっきー at 07:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第10話(最終話)
Excerpt: #10「最後の決断!命を懸けた闘い」2017.06.13 ON AIR 稲見(小栗 旬)の自衛隊時代の同期で、特殊部隊員の結城(金子ノブアキ)が隊を抜け出し、テロを企てていることが判明。鍛治(長塚京..
Weblog: ドラマハンティングP2G
Tracked: 2017-06-14 21:33